fbpx
  1. TOP
  2. ニュース & ブログ
  3. ニュース記事

【レポート】ひのはらヒーロープログラム・サマーキャンプ3日目

この記事は、2019年7月31日〜8月2日にOSOTOが実施した小学生向けのプログラム・サマーキャンプの3日目のレポート記事です。

サマーキャンプのページはこちら

1日目の記事はこちら

2日目の記事はこちら

ひのはらヒーロープロブラム サマーキャンプ2日目

昨日、みんなでおしゃべりを楽しんでいたからか、
3日目の夜は前日よりもスローモード・・・
6時に起床し、ゆっくりとお話をしながら片付けタイムです。

朝ご飯はお茶漬け。
美味しい〜って沢山、食べたら再度、片付け。
遊びながら片付けるので、なかなか前に進みません(笑)
途中、枕投げをしたり、話に夢中になったり、
喧嘩をして泣いてみたり、外に遊びに行くよりも、みんな関係性づくりに専念しているようでした。

スタッフごっちに怒られながら、何とか荷造りを済まし、
3日間お世話になったロッヂ神戸岩を出発!!

神戸国際マス釣り場を目指します。
3日目のサポートスタッフ、藤野で森のようちえんを運営するハナコさんが、虫取り網で華麗にモンシロチョウを捕まえると、大興奮!!!
道中、虫かごにトンボやチョウを集めながら行進となりました。

マス釣り場では、ニジマスの掴み取りにチャレンジ!!!
みんなでキャーキャー言いながら、マスを捕まえます。
低学年の子たちは、ニジマスが捌かれるシーンに興味津々。
釣り場のスタッフの方に、ニジマスの心臓を見せて貰い、じっくりと眺める姿が印象的でした。

  お昼ご飯は冷やしうどん、もしくはラーメンを選んで食べ、最後に自分たちで捕まえたニジマスの塩焼きをいただきます!
川魚食べられるかな?と心配していましたが、ほとんどの子が、美味しくいただきました。
「目のまわりが美味しいんだよー」とか、
「上の歯も食べられるんだよ!」と、
私たちが魚の食べ方を教えられてしまいました。

マス釣り場からバスに乗り、いよいよみんなが楽しみにしていた温泉に到着です!
仲間との別れの時間も少しずつ近づいている中、
あきる野の「瀬音の湯」で、みんな綺麗!さっぱりーー!!!
温泉の後は、念願だったアイスをゲットして満足げです。

3日間、知らない場所で知らない人達と楽しく過ごせて、偉かったね!
自分のことを自分でやるには、まだまだ難しい歳なのに、出来る限り自分でやろうとする姿が沢山見られました。

今回の3日間のキャンプでは、ゆかんことごっちの常駐スタッフの他、
OSOTOネット担当じーまや、ベテラン主婦のやっほー、きこりのともくん、フランス人のヤンさん、地域おこし協力隊のマツケンさん、森の幼稚園のハナコさんなど、
さまざまな大人たちが入れ替わり立ち替わりで子どもたちの見守りを担当してくれました、檜原村の方々も子どもたちに優しい人ばかりです。

子どもたちは、檜原村の雄大な優しさと、大人たちの多様なサポートを深く心の中に残していると思います。
いつかまた、檜原村の自然に、スタッフの優しさに出会いたいと言って貰えたら嬉しいです!

2日目の記事はこちら

OSOTOのイベント・プログラムを見る

Copyright 2018-2019 OSOTO CO.,LTD.