fbpx
  1. TOP
  2. ニュース & ブログ
  3. ニュース記事

【レポート】新聞紙でおうちを作ろうワークショップ

この記事は、2019年8月18日にOSOTOが実施した「新聞紙でおうちを作ろうワークショップ」のレポート記事です。

新聞紙でおうちを作ろうのページはこちら

株式会社リブラン・てまひま不動産との共催で、遊びながら建築を学べるワークショップ「新聞紙でおうちを作ろう」を開催しました。
私たちの人生においてお金をたくさん使うシーンは3つあります。 

  1. ・健康にかかるお金(保険料や医療費、健康維持費など)
  2. ・子育てにかかるお金
  3. ・住宅にかかるお金
です。

どれも、沢山のお金がかかりますし、私たちの人生を左右する大きなポイントでもあります。
その中でも、とても大切な私たちの「居場所」でもある「住宅」
この住宅について、建築について、子どものころから大人になるまでの間で学ぶ機会は、どれくらいありましたか?
大学入学を機に、賃貸をすることになり、初めて住宅について考えるという人がほとんどです。
ちなみに・・・私は住宅が大好きです(笑)
趣味は中古物件漁りで、趣味が講じて今まで中古マンションを2件購入(買い替え)し、千葉の海の近くにセカンドハウスも所有しています。
居心地の良い場所を探し、作り上げていくことは、私の中で永遠のテーマなのかもしれません。
しかし、そんな変わり者はごくわずかで、人生において、日々の生活において重要な住宅について、学ぶ機会もなく、好奇心や探究心が生まれていない現代の人々にとって、住宅は「自らでつくりあげるもの」ではなく、「誰かがつくったものを、選ぶもの」になってしまっています。

画一的な住宅選びから、自分らしい我が家づくりへ!!

そんな思いを持った、てまひま不動産とOSOTOが子どもたちに、建築の魅力を伝えるべくタッグを組むこととなりました。

テーマは「居心地の良い場所は、自分の力で作ることが出来る」 一見、弱い素材である新聞紙が細く丸められることで強く素材に代わり、三角構造を採用することにより、強く丈夫な建築物になっていくことを、子どもたちが体験を通して学んでいきました。 OSOTOが大切にしているのは、コントローラーを子どもたちに渡すこと。 構成された学びから、自由であり、体験することを大切にした学びを提供していきます。 てまひま不動産の一級建築士である内田さんが、お手製の絵本(3匹の子豚)を通して、強い素材、建築の作り方をレクチャー。 今回、イベントの企画・準備をしてくれた、てまひま不動産インターンの女子大生がサポートをしながら、子どもたちが主体的に!自由に!建築にチャレンジしていました。 なるべく大人が口出ししない。 正解を求めない。 チャレンジ出来る自由な時間。 が作られたおかげか、子どもたちが、大人が驚くような発想を繰り返し、同じものは一つとしてない素敵な建築物が出来上がっていきました。 OSOTOが用意した自然素材(葉っぱ、松ぼっくり、どんぐり、貝がら等)も、どんどん利用し、建築物が彩られていきます。 ビニルのシートをかぶせてイラストを描いたり、紐と葉っぱで小さなブランコを作ってみたり、自由で横断的なモノ使い・・・さすが子どもです!! 最後は出来上がった建築物の発表会! 「気に入っているところは?」 「工夫したところは?」 「もっと良くするなら、どうしたい?」 「家の名前は?」 など、さながら本格的なプレゼンテーション(笑)   「貝殻をいっぱいぶら下げてみたよ」 「すごく高い家にしてみたよ」 「もっとビニルテープを着けて、風で揺れるようにしたいな」   子どもたちは自分の中に流れる物語を、しっかりと言葉にして伝えてくれました。 そんな子どもたちの有志に、感動する大人たちの姿もまた印象的。 ↑上記の声かけは、日常でお子さんが工作などしているときにも、是非!聞いてみてくださいね♪(先回りしてダメだししたり、過剰に褒めたたえる必要はありません) オリジナリティ溢れる作品が沢山出来上がりました!!! 建築への興味関心への入り口は、こんな自由で気ままな居場所づくりから始まるのかもしれません。 自宅に帰ってからも、家づくりにチャレンジしてくれた子もいたようです。   いつかみんなでお山に家を建てようね(笑) 奇想天外なモノがいいなーー!!!   子どもたちのクリエイティビティが輝き、大人たちが多くの学びを得る一日となりました。 次回、開催が楽しみです!!!

OSOTOのイベント・プログラムを見る

Copyright 2018-2019 OSOTO CO.,LTD.