1. TOP
  2. ニュース & ブログ
  3. ニュース記事

ホームページがオープンしました!【OSOTOからの招待状】

OSOTOホームページオープン

こんにちは! OSOTO代表ゆかんこ(わたなべゆか)です。

OSOTOHPがオープンいたしました。子ども達に本物の体験を提供し、体験の中から新しい学び、喜び、そして感動を味わって欲しいという願いをHPの中に納めていきました。

サイト内に使用されている写真は、全て社長である私と副社長のごっちが撮影したものです。

プロカメラマンとして、ファミリーを中心に出張撮影を実施している私たちは、撮影を通じて子ども達の沢山の笑顔に出会うことが出来ています。その中でも、やはり公園や海、山の中など自然を舞台にした撮影では、街中で見せることのないキラキラとした輝きを写すことが出来ます。

OSOTOの最大のテーマは、「我が子に伝えたい自然体験」です。ファインダーを通して子ども達の輝きを見つけ、それを永遠の記録として残しているからこそ、自分の子どもにも、沢山の輝ける瞬間を持って欲しいと願っています。

テクノロジーと原体験

テクノロジーの進化が進み、人工知能、VRARなど、私たちが子どもの頃には無かった魅力溢れる技術が子ども達の周りには溢れかえって行きます。まだ2歳の我が子でさえも、お絵かきはiPad、お気に入りのアプリは「はらぺこあおむし」で、上手に小さな指を使いながら画面上のあおむしにリンゴやイチゴをあげています(笑)

私自身、子どもの頃からテレビゲームが大好きで、PC98を使って簡単なプログラミングで遊んだ時期もありました。

これからの子ども達にとってテクノロジーは大切な相棒であり、切っても切れない存在です。

そんな世の中だからこそ、仮想の世界でも十分に楽しめてしまうからこそ、今まで以上に、現実世界での体験や経験を持たせる重要性を感じています。もしも、あなたの子がゲームやyoutube、ネットサーフィンが好きで、多くの時間をそこに費やしているのならば、その時間と同じだけ、自然の中で過ごす時間を持たせてあげてください。

画面や本の中で見た景色や動植物は、本当に地球に存在し、美しいエネルギーを発していることを、子どもの五感すべてを使って感じさせてあげてください。

子どもが本来持つ豊かな想像力を、静かな森の木の後ろや、星だけが輝く暗闇の中で十分に発揮させてください。

まずは「感じる」こと

子どもは好奇心の塊です。自然の中には簡単には分からない不思議が沢山あります。子ども達は、大人の何十倍ものパワーを使って、沢山の好奇心を爆発させると思います。すぐそばに生えている木の名前すら、目の前を飛び交う鳥の名前すら知らない私たち大人は、子ども達の好奇心にひるみ、自分の無知が露呈するのを恐れます。

けれど、それでも自然の中へ連れ出してください。

環境問題の古典「沈黙の春」の著者、海洋生物学者レイチェル・カーソンは著書「センス・オブ・ワンダー」でこう伝えています。

➖「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要でない

まずは、子ども達に沢山のことを感じさせてあげてください。その感じる力が、子ども達の情熱を育て、知識を育み、生きるために必要なチャレンジ精神を養います。

OSOTOでは、原体験の中で五感をフル活用しながら子どもの感じる力を育み、そこから生まれた子ども達の「もっと知りたい!」という知識欲求に、多くのプロフェッショナルとともに答えていきます。そのようにして培わられた知識は、しっかりと子ども達の身につき、多くの場面で「生きた知識」として活用されるでしょう。

OSOTOからの招待状

平成最後の冬、OSOTOは本格始動いたします。自然とカメラが大好きな平凡なママと、平凡なパパが、家族への大きな愛と自然への愛そして畏怖の念を大切に込めています。愛する子ども達に私たちは何が出来るのか? 大切な自然に私たちは何が出来るのか? 自らのちっぽけさに打ちひしがれることもありますが、それでも、子どもの笑顔は、いつでも私たちの側にあり、雄大な自然は、いつでもそっと私たちを見守ってくれています。そして、また一歩一歩と挑戦の道を歩み出します。

愛と挑戦に溢れた日々を多くの家族が送ることが出来るように、OSOTOは自然の中を舞台に、多くの魅力的なコンテンツを提供いたします。自然が持つ素晴らしさを伝えるとともに、自然を舞台に活躍する素敵なプロフェッショナルを沢山ご紹介いたします。そして、私たちが暮らす日本という国が、世界的に見ても極めて自然に恵まれ魅力的な国であることを、多くの方が発見出来る場になればと思います。

OSOTOからの招待状」

それは、子どもも家族も成長出来る! とびきりの冒険へのパスポートです。沢山の家族に招待状を届けることが出来ますように。

Copyright 2018-2019 OSOTO CO.,LTD.